忍者ブログ
2017.081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
病院が攻撃してきたので反撃のカウンターを一撃
で、アニの論評ですが…
知らぬということがホント面白い、
私に口論?理屈で勝負を持ちかけるなんて…
バカの集団だが…
笑いを通り越して
呆れる、

で、病院のバカさ加減を語りながら
機械式の話でもたまには書きましょう、
私は皆さんご存知のとうり機械のお医者の側面も持ち合わせています
私はトラブルシュート(修理)に関して私の育ての親である
A氏の考え方・やり方を支持している
機械式は人間とほぼ同じでプラスマイナス20%以内の誤差範囲なら問題ないと
考えられる
人間も同じだと私は考える、
しかし、現在の透析センターの一部なのか?
全員ではないにしろ多数の人間が
透析量を約43%以上の割合で間違える、
これは問題だ、
で、機械と人間が同じ?
ある意味、ほぼ同じメカとかんがえられますね
何故?
医療も機械式も基礎ベースが微分幾何学だからですね、
つまり、
何度か書いてきたが
微分幾何学って曖昧でイイカゲンなんですね
円周率が、そのいい例でしょうな
私の頃は3,12で計算
私の7個上ぐらいだと3,124だったかな
現在は3,1
これを用いて円周率を計算すればダイタイの数字は似かよるが
正確とは謂えない…
が、しかし、公には全て正解?
                   ??
誤差+-20%以内ならOKなんでしょう
”笑?”
以上、微分幾何学のイイカゲン具合でした、
で、西洋医学も機械式低周波増幅も微分幾何学が基礎にあり構築されたモノであります
で、あ「ほぼ同じ」とアニは語るのでありました

で、久しぶりに脱線しますか、
で、ほぼ透析5回に対して2回以上、透析量間違える人間たち相手に
体重計に乗るの無意味とアニは判断、
誤差+-20%以内を超えてますね!!
私が透析後に体重計に乗らないことを医院長に突かれたらしく
病院スタッフは、そのことを全て私の責任、問題にして押し付けて攻撃してきたので
反撃のカウンターを一撃ですかね、
自分たちの落ち度を反省もしないで相手の粗を探して攻撃ですか?!
人間性を疑われて仕方の無い行為だと思えないから
私にあんな攻撃を仕掛けたんでしょう、
何も云わず存ぜぬ振りして相手の出方・行動を伺うのは実に面白い、
その人間本来の人間性が伺える、
病院は私を医療動物のように扱い好い気でいるのだろうが
”大笑!”
試されてるのは君らなんですよ医療関係者の皆さん、
通院・・・・
まぁ~医療コラムは週刊誌の花形ですから
こういう病院に通院してると
ヒトの不幸は蜜の味と感じる大衆相手のネタには尽きないということですね
問題は無いでしょう、
賭けるのは自分の命ですから。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.3151No.3150No.3149No.3148No.3147No.3146No.3145No.3144No.3143No.3142No.3141
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
9 12
15 16 18
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(08/22)
(08/22)
(08/21)
(08/19)
(08/17)
最新コメント
[05/21 あに]
[05/20 作曲家E]
[05/19 あに]
[05/19 作曲家E]
[05/19 あに]
プロフィール
HN:
oldies electoro
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード